〜お知らせ〜

イトウ寫真舘は、技術・信頼・実績のデジタル撮影、フイルム撮影はもちろんのこと、 ヴィクトリア女王、リンカーン大統領、ショパン、ゴッホ、ニーチェ、エジソンと、 1800年代のありとあらゆる偉人たちを撮影してきた 【Collodion Process/コロディオン・プロセス】をはじめ、 世界初の実用的写真技法であり、金や銀板を用いた「最古の最高写真技法」である 【Daguerreotype/ダゲレオタイプ】も撮影体験ができる 世界初の写真館です。  英国ロンドン芸術大学院を卒業後、  韓国や中国を拠点に古典写真技法での 風景写真撮影や、訪問写真舘、 撮影現像イベントなどを  企画・運営していたプロジェクト MATERIALISM(マテリアリズム)の  Yugo Ito(日本)とAntony Shum(香港)が この度、 “MATERIALISM JAPAN"を立ち上げ、  イトウ寫真舘にて「古典写真技法写真館」を はじめることになりました。

イトウ寫真舘は、技術・信頼・実績のデジタル撮影、フイルム撮影はもちろんのこと、
ヴィクトリア女王、リンカーン大統領、ショパン、ゴッホ、ニーチェ、エジソンと、
1800年代のありとあらゆる偉人たちを撮影してきた
【Collodion Process/コロディオン・プロセス】をはじめ、
世界初の実用的写真技法であり、金や銀板を用いた「最古の最高写真技法」である
【Daguerreotype/ダゲレオタイプ】も撮影体験ができる
世界初の写真館です。

英国ロンドン芸術大学院を卒業後、
韓国や中国を拠点に古典写真技法での 風景写真撮影や、訪問写真舘、 撮影現像イベントなどを
企画・運営していたプロジェクト MATERIALISM(マテリアリズム)の
Yugo Ito(日本)とAntony Shum(香港)が この度、
“MATERIALISM JAPAN"を立ち上げ、
イトウ寫真舘にて「古典写真技法写真館」を はじめることになりました。


愛西市でお宮参りを済ませた後は可愛い姿の記念撮影ですよね。今しかないその瞬間を色鮮やかに残す事が出来るのがイトウ写真館です。当写真館ではご家族の記念撮影を多く撮っています。

愛西市でお宮参りを検討されるなら

お宮参りとは、神様に赤ちゃんの誕生を報告し、そして健やかに成長することを願って行われる行事です。一時期こういった行事は少なくはなっていましたが、少子化を反映し、子供一人一人を大切にしようという思いが強まったからか、このような行事を行われる方が再度増えてきました。 とは言っても、核家族化が進む現在、親から受け継ぐ情報は少なく、お宮参りと言ってもどうしたら良いのか分からないという方も多いかと思います。そんな時におすすめなのが写真館です。写真館なら衣装を借りてその近くの神社にお宮参りに向かうこともできますし、記念に写真も撮ることができます。 そして愛西市に住まれている方なら、おすすめなのはやはり津島神社です。津島神社は愛西市からも近く、東海地方を中心に全国に約3千社ある津島神社、天王社の総本社として格の高い神社でもあります。 イトウ写真舘ならその津島神社まで歩いて5分程度で到着します。産着を借りてそのまま詣でることができ、非常に便利です。衣装の種類も豊富にご用意があります。 しかも、記念写真をプロの撮影する本格的なものですので、良い思い出、記録としてずっと残せるものになることは間違いありません。

印画紙に焼かれた写真を育ててみませんか

また最近では、こういったお宮参りなどの行事の写真も含め、デジタルデータで写真を残すことが増えてきました。もちろん、デジタルデータは場所も取りませんし、便利です。 しかし、こんな例があります。まだ記憶も新しい東日本大震災でのことです。写真データが保存されていたデジタル機器は浸水や衝撃に弱く、十年、もしくはそれ以上の思い出が詰まった大切な写真データは残念ながらそのほとんどが失われてしまいました。 ところが、意外なことに紙焼きの写真はその多くが助かったのです。印画紙はある程度まで水に強いという特徴があるからです。そしてまた、印画紙に焼かれた写真は歴史を経るとともに徐々に色あせてきます。その風合いがまた思い出としての大切な記憶を郷愁とともに鮮やかに蘇らせてくれるのです。愛西市でお宮参りをご検討の方は、神社として非常に格が高く歴史も長い津島神社まですぐのイトウ写真館で、いつまでも大切な思い出として残せる紙焼きの写真を撮ってみてはいかがでしょうか。それはきっと、その時の親御さんの思いを、そのお子様が大人になったときだけでなく、そのまたお子様へも受け継ぐものとなるのではないでしょうか。