お宮参りって、いつ?どこで?

赤ちゃんのお宮参りは、家族にとってかけがえのない大切な行事のひとつですね。元は、その土地の氏神様に赤ちゃんの誕生を報告して神様の祝福を受ける行事であり、お産の忌明けの儀式でもありました。現在では「氏神様の氏子(うじこ)となる」という宗教的な意味合いは薄れてきているため、必ずしも出生地や住んでいる名古屋の氏神様が奉ってある神社でなければならない、というわけでもありません。名古屋であれば、熱田神宮や塩釜神社が有名で人気があり、多くの家族が訪れる場所となっています。お宮参りのタイミングは、名古屋では一般的に、男の子では生後31日目、女の子では33日目が良いとされる場合が多いですが、地方によってもさまざまな違いがあり、その日数にあまりこだわりすぎる必要はありません。およそ生後30日を過ぎたあたりで、お母さんや赤ちゃんの体調や健康を最優先で決めて構わないのです。夏の炎天下や冬の極寒期に無理に行う必要もなく、過ごしやすい季節になってからでいい、という考え方も広まりつつあり、実際、関東地方では「生後30日から100日前後まで」というようにかなり幅がありますし、北海道や東北地方も、豪雪に見舞われる時期をはずして暖かくなってから行う、という家庭が増えてきています。

家族の大切な日には、記念写真撮影を!

お宮参りの時の赤ちゃんの晴れ着は、和装の場合、男の子なら羽二重の紋付で鷹や鶴などのおめでたい絵柄の「熨斗目模様」が定番です。女の子は、愛らしいちりめんの花柄や、品のある友禅模様の着物が人気です。また、ベビードレスにケープをかける洋装のスタイルも最近は増えているので、お母さんやお父さん、家族や親戚の方々がどういうものを着たいかによって合わせてもいいでしょう。 赤ちゃんが生まれてきてくれたことを祝い、神様に感謝するとともに、これからの日々の健やかな成長を願う行事、お宮参り。その日のためにあつらえた晴れ着をまとって、神様にお参りした記念に、家族のスナップショットだけでなく、プロカメラマンによる記念撮影はいかがでしょう。イトウ写真館は、愛知県津島市にあるフォトスタジオです。1927年創業の由緒あるスタジオで、日常の記念写真、家族写真、ポートレイトをはじめ、さまざまなイベントシーンでの写真撮影を行っています。お子様のお宮参りから七五三、入学式、卒業式、成人式、そしてご夫婦の記念日など、かけがえのない1日を美しく残すお手伝いをいたします。特に、お宮参りの写真というのは、赤ちゃんが生まれて初めて家族全員と一緒に撮る記念写真です。ご家族皆様の幸せと、赤ちゃんの健やかな成長を祈って、記念の1枚はぜひイトウ写真館にお任せください!