和装も洋装もお気に入りの一着を

成人式前撮り、後撮り、お任せください。「式当日の振袖は用意したけれど、前撮りの衣装はどうしよう。和装がいいか、洋装がいいか、、、。」このようにお悩みを持つお客様は多くいらっしゃいます。せっかくだから大人の女性として、素敵なドレスも着てみたい!そんなご要望にもお応えします。ドレスが着たいな、と思っても写真館によっては和装の取り扱いしかなかったり、ドレスの種類が限られていたりと、せっかく素敵な写真を撮りたくても満足いく仕上がりが望めないこともしばしば。当写真館はドレス撮影にも力を入れている愛知県内有数のスタジオでもあります。成人式は、大人になる第一歩の儀式であると同時に、これまで大事に育ててもらった20年間の思い出を残し、ご両親へ感謝する機会でもあります。お気に入りのドレスを身にまとい、最高の笑顔、そして最高の「ありがとう」を生涯残り続けるアルバムに残しましょう。当写真館のドレスは、カラーやデザインの種類も豊富で、お嬢様の「なりたいイメージ」をかなえられるバリエーションでご用意しております。また、ドレスも着たいし和装もしたい、そんなときの「ドレス&着物プラン」ももちろん大丈夫です。いつでもご見学、ご試着承っていますので、お気軽にお立ち寄りください。

凛とした表情を引き出します

当写真館は、愛知県津島市にあり、愛知県内から多くのお客様にご利用いただいています。愛西市との境目に位置しアクセスもしやすいことから、愛西市内に住むお客様のご利用も特に多いです。成人式シーズンには、より高い技術できれいに可愛くお嬢様の姿を残すため、ご自宅から一番近い写真館よりも、当写真館をお選びいただき、大変ご好評いただいています。成人式とは、そもそも昔から日本では大人になったお祝いの儀式として、男子は「元服(げんぷく)」、女子は「裳着(もぎ)」等を行っていました。今ある成人式は、1946年に埼玉県で初めて行われた「青年祭」が発端です。前年の第二次世界大戦での敗北で気を落としていた世の中でしたが、未来を担う若者が明るい希望を持てるよう励ましの意味で校庭にテントを張って行いました。これが日本全国に広がり、2年後の1948年に祝日法が公布施工されたのですが、この中に「成人の日」が入ったのです。成人の日の趣旨としては、「大人になったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝い励ます」という内容です。発祥から約70年の歴史を持つ「成人の日」は、現在もその意味が大切にされていますよね。大人になる第一歩としてみせる、凛とした表情を素敵な写真に残しましょう。