弥富市から入学の記念撮影を行いにいこう!

〜お知らせ〜

イトウ寫真舘は、技術・信頼・実績のデジタル撮影、フイルム撮影はもちろんのこと、 ヴィクトリア女王、リンカーン大統領、ショパン、ゴッホ、ニーチェ、エジソンと、 1800年代のありとあらゆる偉人たちを撮影してきた 【Collodion Process/コロディオン・プロセス】をはじめ、 世界初の実用的写真技法であり、金や銀板を用いた「最古の最高写真技法」である 【Daguerreotype/ダゲレオタイプ】も撮影体験ができる 世界初の写真館です。  英国ロンドン芸術大学院を卒業後、  韓国や中国を拠点に古典写真技法での 風景写真撮影や、訪問写真舘、 撮影現像イベントなどを  企画・運営していたプロジェクト MATERIALISM(マテリアリズム)の  Yugo Ito(日本)とAntony Shum(香港)が この度、 “MATERIALISM JAPAN"を立ち上げ、  イトウ寫真舘にて「古典写真技法写真館」を はじめることになりました。

イトウ寫真舘は、技術・信頼・実績のデジタル撮影、フイルム撮影はもちろんのこと、
ヴィクトリア女王、リンカーン大統領、ショパン、ゴッホ、ニーチェ、エジソンと、
1800年代のありとあらゆる偉人たちを撮影してきた
【Collodion Process/コロディオン・プロセス】をはじめ、
世界初の実用的写真技法であり、金や銀板を用いた「最古の最高写真技法」である
【Daguerreotype/ダゲレオタイプ】も撮影体験ができる
世界初の写真館です。

英国ロンドン芸術大学院を卒業後、
韓国や中国を拠点に古典写真技法での 風景写真撮影や、訪問写真舘、 撮影現像イベントなどを
企画・運営していたプロジェクト MATERIALISM(マテリアリズム)の
Yugo Ito(日本)とAntony Shum(香港)が この度、
“MATERIALISM JAPAN"を立ち上げ、
イトウ寫真舘にて「古典写真技法写真館」を はじめることになりました。


弥富市から入学の記念撮影を行いに来られる方が多いのも当写真館の特徴です。撮影になかなか慣れない方も、ご安心ください、当写真館のスタッフがしっかりとサポートします。

記念に残る入園・入学写真

子供が親から離れて新たな集団生活に挑戦するのが入園・入学であり、子供にとっても親にとっても大切な思い出になる行事でもあります。この時に思い出の一つとしてお子様の様子を記録しておくことで、時間が経ってからでも何度でもその瞬間を思い出すことができるのです。思い出を記録として残しておく手段はいくつかありますが、おすすめしたいものに写真館での写真撮影があります。写真館では入園や入学の際に着用する制服や小物をそのまま使うことができるので、式典と同じ装いでの写真撮影もできますし、普段通りの服装での撮影も可能です。ピカピカのランドセルや真新しい制服、通学に使用する帽子や靴などと一緒に撮影すれば、これから使用する大切な道具も写真で記録しておくことができます。また撮影する時間も貴重な思い出になります。入園の時期はまだ小さく撮影が難しいと心配される方もいらっしゃいますが、プロのスタッフがお子様に合わせて撮影を進めていくので心配ありません。入学の時期のお子様は大人の話を理解できることがほとんどなので、かっこいいポーズやかわいらしい仕草なども写真に記録することができます。弥富市の写真館ではお子様の成長に合わせて、思い出の記録のお手伝いをさせていただきます。

家族での思い出も作れます

入園・入学の記念写真では、お子様だけではなくご家族の方も一緒に撮影することもできます。式に参加する時と同じように正装でもいいですし、普段着でいつも通りの家族の様子を撮ることもできます。特に入学式は義務教育の最初の記念になる行事でもあるので、お子様の成長の一区切りと考えてご家族皆さまでの写真撮影がおすすめです。家族全員での撮影となると個人では難しいこともありますし、特に入学式の当日は忙しく、会場での撮影は難しいことも考えられます。お子様に兄弟姉妹がいらっしゃる場合はそちらのお子様の記録にもなりますし、親と一緒に撮影することでお子様の安心した表情も撮影することができます。お子様のおじいちゃんおばあちゃんとの撮影ももちろん大歓迎です。ご家族が揃っての写真撮影はきっかけが無いとできないことも多いので、入園・入学をそのきっかけにすることもできます。人数が多い場合でも、プロのスタッフがご家族全員の笑顔を引き出せるように、またその瞬間を逃すことなく撮影させていただきます。お子様の成長を色褪せることなく残しておけるように、ご家族の思い出のひとつとして弥富市の写真館での写真撮影をおすすめします。