稲沢市から入学の記念撮影をしに来られる方も大勢です

〜お知らせ〜

イトウ寫真舘は、技術・信頼・実績のデジタル撮影、フイルム撮影はもちろんのこと、 ヴィクトリア女王、リンカーン大統領、ショパン、ゴッホ、ニーチェ、エジソンと、 1800年代のありとあらゆる偉人たちを撮影してきた 【Collodion Process/コロディオン・プロセス】をはじめ、 世界初の実用的写真技法であり、金や銀板を用いた「最古の最高写真技法」である 【Daguerreotype/ダゲレオタイプ】も撮影体験ができる 世界初の写真館です。  英国ロンドン芸術大学院を卒業後、  韓国や中国を拠点に古典写真技法での 風景写真撮影や、訪問写真舘、 撮影現像イベントなどを  企画・運営していたプロジェクト MATERIALISM(マテリアリズム)の  Yugo Ito(日本)とAntony Shum(香港)が この度、 “MATERIALISM JAPAN"を立ち上げ、  イトウ寫真舘にて「古典写真技法写真館」を はじめることになりました。

イトウ寫真舘は、技術・信頼・実績のデジタル撮影、フイルム撮影はもちろんのこと、
ヴィクトリア女王、リンカーン大統領、ショパン、ゴッホ、ニーチェ、エジソンと、
1800年代のありとあらゆる偉人たちを撮影してきた
【Collodion Process/コロディオン・プロセス】をはじめ、
世界初の実用的写真技法であり、金や銀板を用いた「最古の最高写真技法」である
【Daguerreotype/ダゲレオタイプ】も撮影体験ができる
世界初の写真館です。

英国ロンドン芸術大学院を卒業後、
韓国や中国を拠点に古典写真技法での 風景写真撮影や、訪問写真舘、 撮影現像イベントなどを
企画・運営していたプロジェクト MATERIALISM(マテリアリズム)の
Yugo Ito(日本)とAntony Shum(香港)が この度、
“MATERIALISM JAPAN"を立ち上げ、
イトウ寫真舘にて「古典写真技法写真館」を はじめることになりました。


稲沢市で入学の記念撮影なら、プロに任せて良い写真を撮りませんか?撮影日当日にはランドセルなど関係している小物をお持ちいただければ一緒に撮影ができますよ。最高の瞬間をきれいに残しましょう。

稲沢市の行事やイベントの記念写真を撮る

当スタジオは稲沢市で行われる行事やイベントの記念写真を撮影しているフォトショップスタジオです。イトウ写真館では、入学、入園の記念写真はもちろん、七五三や家族写真なども撮影することができるように、さまざまなプランを用意しております。入学、入園は人生に何度かある行事ですが、その時間だけはそのときにしかないものです。なので、一生の思い出として写真という形で残したいというお客様のご希望にそうことができるよう、当スタジオでは心をこめて写真を撮らせていただいています。稲沢市で行われる行事には入学、入園以外にも卒業や卒園、成人式などもあります。どの行事もそのときだけしか撮ることができない瞬間というものがあります。その大切な時間を写真として残して、一生大切にすることができるように、プランのなかからご本人、ご家族が満足できる写真を選ぶことができるよう、工夫をしています。ご家族、ご本人ともに一生に一度のその時間を、しっかりときれいに撮影することができるよう、納得して喜んでもらうことができるような写真を撮ることを心がけております。どの行事、イベントも一生にその時間は一度しかおとずれないものです。その時間をきれいに残すことができます。

お得なセット料金で思い出の写真が撮れる

入学、入園の時期になるとご家族、ご本人の写真を撮りたいというお客様が増えるので、早めに予約をしていただくことをおすすめしております。 入学、入園をするお子様をきれいに写真に残したい、という方に人気があるプランがあります。たとえば、六切1ポーズのセット価格で撮影することができるプランは特にお客様にご好評いただいております。このプランには特典として、卒業写真と入学写真の両方を撮影することができるプランをセット価格でお得に撮ることができます。それから、おじいちゃんやおばあちゃんにも記念写真を送りたいというお客様には焼増しの料金を20パーセントオフで行っています。そして、ラミネート加工をしたお気に入りの写真もプレゼントいたしております。 また、おまかせ多ショットというプランも人気があります。約10ポーズ、100カット以上撮影をしたなかからお気に入りの写真を選んでいただくことができるようになっています。お一人様撮影料金で16,000円で行っており、家族写真、ご兄弟、姉妹の方と撮影をご希望の場合は、1シチュエーションごとにプラス2,000円になります。あらかじめ一度、当スタジオへ確認のお電話をおかけになっていただけるよう、お願いします。