津島市でウェディングフォトを撮影してもらうなら

津島市でウェディングフォトを撮影したいという方は、綺麗なスタジオ・館内ロケーションがある当写真館にご連絡ください。白を基調とした館内は、どんな衣装もさらに美しく、高揚した気持ちをさらに熱くさせてくれます。

〜お知らせ〜

イトウ寫真舘は、技術・信頼・実績のデジタル撮影、フイルム撮影はもちろんのこと、 ヴィクトリア女王、リンカーン大統領、ショパン、ゴッホ、ニーチェ、エジソンと、 1800年代のありとあらゆる偉人たちを撮影してきた 【Collodion Process/コロディオン・プロセス】をはじめ、 世界初の実用的写真技法であり、金や銀板を用いた「最古の最高写真技法」である 【Daguerreotype/ダゲレオタイプ】も撮影体験ができる 世界初の写真館です。  英国ロンドン芸術大学院を卒業後、  韓国や中国を拠点に古典写真技法での 風景写真撮影や、訪問写真舘、 撮影現像イベントなどを  企画・運営していたプロジェクト MATERIALISM(マテリアリズム)の  Yugo Ito(日本)とAntony Shum(香港)が この度、 “MATERIALISM JAPAN"を立ち上げ、  イトウ寫真舘にて「古典写真技法写真館」を はじめることになりました。

イトウ寫真舘は、技術・信頼・実績のデジタル撮影、フイルム撮影はもちろんのこと、
ヴィクトリア女王、リンカーン大統領、ショパン、ゴッホ、ニーチェ、エジソンと、
1800年代のありとあらゆる偉人たちを撮影してきた
【Collodion Process/コロディオン・プロセス】をはじめ、
世界初の実用的写真技法であり、金や銀板を用いた「最古の最高写真技法」である
【Daguerreotype/ダゲレオタイプ】も撮影体験ができる
世界初の写真館です。

英国ロンドン芸術大学院を卒業後、
韓国や中国を拠点に古典写真技法での 風景写真撮影や、訪問写真舘、 撮影現像イベントなどを
企画・運営していたプロジェクト MATERIALISM(マテリアリズム)の
Yugo Ito(日本)とAntony Shum(香港)が この度、
“MATERIALISM JAPAN"を立ち上げ、
イトウ寫真舘にて「古典写真技法写真館」を はじめることになりました。


津島市にある写真館です

イトウ写真館は愛知県津島市にある写真館で、名鉄津島駅から約650メートル、東名阪自動車道弥冨ICから車で15分になります。店頭に駐車場が6台分ありますので、車でのご利用もしやすくなっています。こちらでは写真にこだわっていて、デジタルの時代と言われる今だからこそ、昔ながらの紙焼きの本質を知ってもらいたいという気持ちを持ち、ただ写真として残すだけではなく、その時々の感情や思い出を一緒に残すことを考えて撮影しています。 ウェディングフォトやブライダルフォトから七五三、成人式、学校写真や証明写真などあらゆるものを取り扱っています。最近はクラウドサービスによって写真もデータ化されて、多くの人と共有できるのは便利だと言えます。ですがデータはデータが飛んでしまえばなくなってしまうものです。ウェディングフォトなど一生に一度となる大切な思い出だからこそ、すぐにはなくならない・形にするという方法で残したいと考える方もいらっしゃいます。津島市でそういった写真館を探していられるなら、イトウ写真館を利用してみてください。プロが撮影するからこそ、素晴らしい一瞬の表情を残すことができます。ウェディングフォトなど、後に眺めると、その当時の思い出も一緒によみがえってくるはずです。

津島市で昔から営業しています

イトウ写真館は津島市で昔から営業を行っていて、カメラをはじめとする技術力の進化に対応するのはもちろん、カメラマンも実力を磨いてきています。レンズは撮影者の目であり、被写体をより美しく魅力的に写すにはテクニックも必要となるので写真館を決める際に気になるところでもありますよね。気になった方は当写真館のギャラリーもご覧になってみてください。当写真館の自信も伝わると感じています。 最近は費用面や時間から結婚式を省略されるカップルも多いですが、その時にはせめてウェディングフォトやブライダルフォトを撮ることをおすすめします。結婚式は後から余裕ができた時に挙げられますが、その時の結婚したいという気持ち、当時の姿は二度とは戻らないものです。それがウェディングフォトなら写真に残すことができますから、結婚式を省略する場合でも写真撮影は行う、写真での結婚式が人気となっています。 そしてイトウ写真館ではお客様の好みに合わせて撮影が可能となり、理想を現実にすることができます。撮影プランの相談などは店頭でご案内していますから、気になる方は問い合わせてみてください。その時の姿、さらに気持ちを切り取って後から眺めることができる、写真にはそういった力があります。デジカメでもいいですが、一生に一度のことですから、プロに撮ってもらうことをおすすめします。