〜お知らせ〜

イトウ寫真舘は、技術・信頼・実績のデジタル撮影、フイルム撮影はもちろんのこと、 ヴィクトリア女王、リンカーン大統領、ショパン、ゴッホ、ニーチェ、エジソンと、 1800年代のありとあらゆる偉人たちを撮影してきた 【Collodion Process/コロディオン・プロセス】をはじめ、 世界初の実用的写真技法であり、金や銀板を用いた「最古の最高写真技法」である 【Daguerreotype/ダゲレオタイプ】も撮影体験ができる 世界初の写真館です。  英国ロンドン芸術大学院を卒業後、  韓国や中国を拠点に古典写真技法での 風景写真撮影や、訪問写真舘、 撮影現像イベントなどを  企画・運営していたプロジェクト MATERIALISM(マテリアリズム)の  Yugo Ito(日本)とAntony Shum(香港)が この度、 “MATERIALISM JAPAN"を立ち上げ、  イトウ寫真舘にて「古典写真技法写真館」を はじめることになりました。

イトウ寫真舘は、技術・信頼・実績のデジタル撮影、フイルム撮影はもちろんのこと、
ヴィクトリア女王、リンカーン大統領、ショパン、ゴッホ、ニーチェ、エジソンと、
1800年代のありとあらゆる偉人たちを撮影してきた
【Collodion Process/コロディオン・プロセス】をはじめ、
世界初の実用的写真技法であり、金や銀板を用いた「最古の最高写真技法」である
【Daguerreotype/ダゲレオタイプ】も撮影体験ができる
世界初の写真館です。

英国ロンドン芸術大学院を卒業後、
韓国や中国を拠点に古典写真技法での 風景写真撮影や、訪問写真舘、 撮影現像イベントなどを
企画・運営していたプロジェクト MATERIALISM(マテリアリズム)の
Yugo Ito(日本)とAntony Shum(香港)が この度、
“MATERIALISM JAPAN"を立ち上げ、
イトウ寫真舘にて「古典写真技法写真館」を はじめることになりました。


美しい瞬間を写真にすることの大切さ

結婚は人生の中でも最大級の喜びの瞬間です。その瞬間を記念に残すことは自らが振り返った時に素晴らしい思い出を思い出させてくれるものです。人生の中では様々な出来事が有り、また多くの困難もありますが、結婚したときの気持ちを写真を見て思い出し、また気持ちをリセットして進もうと考える人は多いものです。 最近はウェディングフォトもデジタルカメラで撮影するというスタジオが増えています。簡単で間違いなく美しく撮影でき、またその写真は長い期間に於いても色あせることなく鮮明に残ります。これは非常に嬉しい事なのですが、写真として捉えた場合にはすこし味気ないと感じる人も多いものです。 私たちは自分の親のウェディングフォトを見せてもらったことが有るでしょう。その写真の殆どは色あせ、中にはセピア色に変色してしまっている物も有りますが、その色合いから歴史を感じたりすることも多いものです。写真というのはその人の歴史でもあり、色あせていくことが逆に美しい瞬間を鮮明に思い出させてくれることも有ります。 ウェディングフォトやブライダルフォトを将来に残すことを考えた場合、色あせないデジタルの写真にするか、それとも歴史を刻みこみ一緒に年を取ってくれる印画紙の写真にするかは、写真を撮影する際にはぜひ意識をしたいものです。

印画紙の写真が人気の弥富市の写真館

私どもでは1927年から写真館を営業しており、これまで多くのブライダルフォトやウェディングフォトを撮影してきました。古くに撮影したこれらの写真は既に色あせてしまっている物も少なくありませんが、お客様にはいまだに大切にして頂いております。その理由は写真家が丁寧に一つ一つを撮影させて頂いているからだと考えております。 最近は写真の編集技術が進み、自由に背景を変えたり、色合いを変えたりすることが出来るようになっています。私たちも時に利用することも有りますが、基本的にはお客様の最も美しい瞬間をそのまま切り取り撮影させて頂き、これを写真に残すことを第一に考えています。 弥富市はロケーションも素晴らしく、美しいブライダルフォトやウェディングフォトを撮影できる場所がたくさんあります。この弥富市のロケーションを最大限に利用し、出来るだけ手を加えずにお客様の美しい瞬間、喜ばしい瞬間を撮影することが私たち弥富市の写真館にとっても最上の喜びとなります。 人生に於いて最大の喜びの瞬間をしっかりと刻みたいと考えていらっしゃるのであれば、是非弥富市の写真館を保検討ください。最高のロケーションを用意して、その瞬間を残すことに尽力させて頂きます。