稲沢市からウェディングフォトを撮りにいくならここ!

稲沢市からウェディングフォトを撮りに行きたい!という方も大歓迎しているのが当写真館です。駐車場も完備していますので、お車でのご来店も可能ですよ。まずはお問合せお待ちしております。

〜お知らせ〜

イトウ寫真舘は、技術・信頼・実績のデジタル撮影、フイルム撮影はもちろんのこと、 ヴィクトリア女王、リンカーン大統領、ショパン、ゴッホ、ニーチェ、エジソンと、 1800年代のありとあらゆる偉人たちを撮影してきた 【Collodion Process/コロディオン・プロセス】をはじめ、 世界初の実用的写真技法であり、金や銀板を用いた「最古の最高写真技法」である 【Daguerreotype/ダゲレオタイプ】も撮影体験ができる 世界初の写真館です。  英国ロンドン芸術大学院を卒業後、  韓国や中国を拠点に古典写真技法での 風景写真撮影や、訪問写真舘、 撮影現像イベントなどを  企画・運営していたプロジェクト MATERIALISM(マテリアリズム)の  Yugo Ito(日本)とAntony Shum(香港)が この度、 “MATERIALISM JAPAN"を立ち上げ、  イトウ寫真舘にて「古典写真技法写真館」を はじめることになりました。

イトウ寫真舘は、技術・信頼・実績のデジタル撮影、フイルム撮影はもちろんのこと、
ヴィクトリア女王、リンカーン大統領、ショパン、ゴッホ、ニーチェ、エジソンと、
1800年代のありとあらゆる偉人たちを撮影してきた
【Collodion Process/コロディオン・プロセス】をはじめ、
世界初の実用的写真技法であり、金や銀板を用いた「最古の最高写真技法」である
【Daguerreotype/ダゲレオタイプ】も撮影体験ができる
世界初の写真館です。

英国ロンドン芸術大学院を卒業後、
韓国や中国を拠点に古典写真技法での 風景写真撮影や、訪問写真舘、 撮影現像イベントなどを
企画・運営していたプロジェクト MATERIALISM(マテリアリズム)の
Yugo Ito(日本)とAntony Shum(香港)が この度、
“MATERIALISM JAPAN"を立ち上げ、
イトウ寫真舘にて「古典写真技法写真館」を はじめることになりました。


稲沢市のウェディングフォトスタジオ

ウェディングは、人生の中でも一番輝いている瞬間です。 記念にウェディングフォトを残す人が多いでしょう。 ウェディングフォトは、撮影する場所によって全然違います。 自分の気に入った写真が残せるところを選びましょう。 稲沢市にあるイトウ写真館では、撮影時の技術力やプロセスを大切にしていて、撮影後の編集作業のポストプロダクションも大切にしています。 数十枚撮った中から特別なカットを一枚一枚丹念に時間をかけて、お客様の一生ものの写真を完成させていきます。 スタジオの外観は古い街並みを崩さないように、和の要素を盛り込んだ和洋折衷の洋館になるようにデザインされています。 セット感の出ない、本物の雰囲気での撮影が可能になるように内観をデザインしています。 稲沢市にはたくさんのウェディングフォトの撮影を行なっているスタジオがありますが、イトウ写真館は昔からの伝統を守りながら撮影を行なっていますので、こだわりのある写真を撮ることができます。 ウェディングフォト以外にも、七五三やマタニティ、成人式やお宮参りなどいろいろなイベントの撮影を行なっています。 きっとお気に入りの一枚を手に入れることができるでしょう。

人気のブライダルフォトの撮影

稲沢市のイトウ写真館の人気のブライダルフォト撮影には、いろいろなプランがあります。 ドレスとタキシードを着て撮影をするプランで、六切り1ポーズをレザー台紙仕上げにするスタジオコースや、ドレスとタキシードを着てお写真5ポーズ4ページのアルバム仕上げとお写真6ポーズ6ページのアルバム仕上げがあります。 ご希望のプランを選ぶといいでしょう。 それ以外にも、撮影プランのご相談もできますので、ご来店時にお電話でご予約をして相談するといいでしょう。 新郎新婦お二人だけの撮影はもちろんのこと、両家のお父様やお母様と一緒に写したり、お子様がいらっしゃる場合にはお子様と新郎新婦で仲睦まじく一緒に写すのもいいでしょう。 色とりどりのウェディングドレスとかっこいいタキシードは、着ている人たちを引き立ててすごく絵になります。 人気のブライダルフォトは、やはりシンプルながらも美しい仕上げになっているものが喜ばれています。 写真は一生残すものですから、ずっと美しく保管できるものがいいでしょう。 稲沢市で写真撮影をしたいときには、イトウ写真館に相談してみるといいでしょう。 ご希望の内容で写真を仕上げることができます。